おすすめの炊き方

米

お米を美味しく炊く方法

お米を本当に美味しく炊く方法は意外と知られていません。木炭や昆布を使うのも勿論悪くは無いのですが、その前にチェックすることと試してみるべき事があります。まず、そのお米が新米かそうでないかです。新米は水分を少し多く含んでいるので、いつも通りの水の量ですとふにゃふにゃの飯が炊けてしまいます。これを防ぐには、普段の量よりほんの少しだけ水を少なめで炊けばいいのですが、水を控えすぎると芯が残って固いご飯が炊けてしまうので、気持ち、少なめに…四合であれば小さじ二杯分ぐらい控える程度がお勧めです。そして新米以外のお米の美味しい炊き方ですが、今の炊き具合に自信が無いなら、水を小さじ一、二杯減らすか増やしてみるといいでしょう。柔らかいと感じているなら水分を減らし、固いと感じているなら水分をほんの少しだけ増やす。ほんの少しだけ、というところがポイントです。

炊く前に簡単にできる作業をしっかりとすることが大切

米を毎日美味しく食べるためには、米の品種にこだわることも大切ですが、美味しい炊き方で炊くことが重要です。高い炊飯器を使わなくても誰にでもできる美味しい炊き方で炊けば満足できます。炊く前に簡単にできる作業をしっかりとすることで毎日美味しいごはんを食べれます。まず大切になるのは、米をきちんと正確に量ることです。やはり目分量で炊くと硬くなったり柔らかくなったりしてしまうので、毎回きちんとカップで量ることが肝心です。米を研ぐときにごしごし強く米をこすり合わせてしまいがちですが、やさしく研ぐことが大事です。また、時間をかけるよりもできるだけ素早く研ぐことをこころがけながら研ぐといいです。おいしく炊きあげるためには炊くときに使う水にも気を使うことが大切です。例えば、浄水器を使って水をきれいな状態にしたものを使うと非常に美味しく米を炊くことが可能です。

水にこだわることで美味しく炊ける

あまり値段が高くない米でも美味しい炊き方を用いることで誰でも美味しいごはんにすることができます。美味しい炊き方で米を炊くときに非常に大切になってくるのは水です。加えた水は、炊く段階ですべて米に吸われます。そのため、水を変えるだけで全然違う味のごはんになります。米を炊くときに必要になる材料は米と水だけです。そのため、プロが料理を作るときに具材だけでなくスパイスにもこだわるように、米の品質だけでなく水の品質にも気を使うことで、いっそう美味しい味のごはんが炊けるようになります。例えば、水道水ではなく、コンビニなどで買える美味しいミネラルウォーターの水を使うと数段上の美味しいごはんになります。水道水を使うときは、カルキが残っていると美味しく炊けないので、カルキを抜くために沸騰させたあとで冷やした水を使うといいです。