ガールズバーとキャバはどう違う?


皆さんはキャバクラとガールズバーの違いを細かく説明できますか?
「ガールズバーなんてキャバクラの下位互換みたいなもんでしょ」と思っている方も多いとは思いますが、実際どこがどう違うのかって知らないですよね。この記事ではガールズバーとキャバクラの細かい違いを説明していこうと思います!


接客方法の違い


キャバクラでは、女の子がお酒を注いだり煙草に火をつけたり…お客さんの隣に座って接客します。
同じ女の子に席に着いたままでいて欲しい時は別料金の『場内指名』をすることで、その女の子が移動することなく接客してくれます。再び来店する時同じ女の子をはじめから指名するには『本指名』をしなければいけません。
一度本指名をしてしまうとそのあと他の女の子を本指名に変更できなくなるお店も多いので注意が必要!女の子同士のトラブルを避けるためにこういった制度をとっているお店が多いんです。

対しガールズバーでは、女の子が隣に座って接客してくれることはありません。女の子はバーカウンターの中に、お客さんはカウンターに座って対面形式で接客されることになります。なので指名の制度もありません。

実はガールズバーとキャバクラでは風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)が異なり、キャバクラはお客さんの隣に座ってお酌する等の、いわゆる『接待行為』を可能にする風営法に則って営業しています。
ガールズバーは夜間営業の飲食店・バー扱い。なので、女の子はあくまで店員としてお客さんを接客しているんです。いわばガールズバーは『バーテンダーが全員女の子のバー』なんです。

働いている女の子のタイプ


キャバクラと言えばきらびやかなドレスに派手な盛り髪でお客さんをもてなしてくれる女の子……『夜の蝶』が働いているお店というイメージが湧くと思います。実際キャバクラは内装から女の子の格好までゴージャスな所がほとんどですよね。なかなかお目にかかることのない着飾った綺麗な女性たちに接待してもらえる非日常を味わえるのもキャバクラの醍醐味だと思います。

対しガールズバーの女の子たちは、派手なドレスも盛り髪もナシ。お店で決まったコスチュームがある店もあれば自由にその子の好きな服で働いているお店もあります
接待・接客のプロである夜の蝶と違って、ガールズバーの女の子たちは接客慣れしていない子がほとんど。居酒屋バイトの延長くらいの感覚で働いている子がほとんどです。

日常を忘れさせてくれるような体験をと思うならキャバクラが最適ですが、女の子と楽しく飲みたい・癒されたいと思っているならガールズバーがオススメです!